A company takes a role of society and contribution to local culture and social responsibility, and a company moves into action. A company takes a role of society and contribution to local



 

できることから行動してみる!

企業は社会や地域文化への貢献という役割と社会的な責任を担って企業活動を行っています。近年その社会的な責任の中に、よりグローバルな視野に立った環境に対する責任も求められるようになってきました。企業の環境への取り組みが一般社会や地域社会から支持され、より幅広い企業活動を行うため必要不可欠な条件の一つとなってきたと言えるでしょう。

環境の問題は、一企業だけではなく多くの企業による複合的な役割分担が求められており、21世紀の豊かな地球環境を残すため、お客様やお取引業者の方々と共に進めていかなければならない課題でもあります。


代表取締役社長 末廣総一郎








わが社の環境方針は、社内にあっては製品及び材料、設備に至るまで環境影響を少なくすることを目標にしています。
社外にあっては、サービス及び営業活動にも環境に配慮し、美しい環境創りに努力しています。

1.材料には常に環境にやさしい素材を使用し、無駄をなくし、良い商品を提供する。
2.ゴミの分別及び、廃棄物処理等、リサイクルの促進に心掛ける。


上記の項目を実施するため、環境目標を定め行動計画を策定・実施して、常に達成度を評価し、見直しを継続的に行い環境保全と汚染の予防につとめ、わが社に関連する環境の法規制及び、わが社が同意するその他の要求事項は、すべて遵守しています。









当社では、早くから大気汚染の原因となる揮発性有機化合物の発生を減らすことができるなど、環境特性に優れた大豆油インキを実用化。




リサイクル重視型で森林資源の保護に役立つ古紙100%再生紙や非木材紙など、環境への負担が少ない用紙も積極的に導入し、これらを組み合わせたエコロジー製品を進んでお客様にご提案しています。




全社員が環境に対する基本的な考え方を認識し、環境方針に沿った行動をとるように、教育を行い継続的改善を図りつつ、環境汚染の予防に努め環境マネジメントシステムの継続的向上を図ります。




ゴミの分別排出を徹底し、リサイクル率の向上に努めております。また、紙の使用量削減の為、電子化・ペーパーレス化を促進する一方、両面コピーや使用済み用紙の裏面活用などを実施しております。




印刷産業界の環境自主基準「印刷サービスグリーン基準」を達成した工場・事業所を認定、環境経営に積極的な印刷関連企業として推奨するとともに、同基準に適合した印刷製品にグリーンプリンティングマーク(GPマーク)を表示することにより、環境に配慮した印刷製品が広く普及することを目的としています。




世界各地では地球温暖化による異常気象が、各地で報告されています。2008年からは、京都議定書で定められた削減目標の第一約束期間に入りました。世界に約束した日本の温室効果ガス排出量の削減目標は、1990年に比べて6%削減すること。これを実現するための国民的プロジェクト、それが「チーム・マイナス6%」です。







印刷全般・サインパネル・グラフィックシート・企画・制作| 下関・福岡・北九州・東京|株式会社アカマ印刷
Copyright (C) 2011-2017 AKAMA PRINTING Corporation. All Rights Reserved