部署紹介

仕上課

会社の最終関門の番人としての自負

 仕上課は、仕事の流れとしては最終部署にあたります。
 お客様より受注したほぼ全ての商品を扱うことになります。
印刷物全てを加工・検品し出荷までを請け負う会社での最終関門です。満足してもらえる商品に仕上げ「また次もお願いします」と言ってもらえた時の喜びはとても大きいです。
 現在は加工技術の発展も早く、多種多様なニーズに応えなくてはいけません。今までの経験を加味しながら自分自身も成長していきたいと思います。